インストール方法

管理者権限があるユーザで必ず実行下さい。


<ダウンロード>

  下記のサイトからダウンロード下さい。

     「SuperXLe 番号入りオートシェイプ生成」、「SuperXLe 複数シートの比較を一括で」については特にインストールは不要です。

但し、「SuperXLe 複数シートの比較を一括で」については、あらかじめ「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」にチェックを入れる必要があります。

下記の<インストール>を参照下さい。

<インストール>

本アドインをインストールするには、あらかじめ「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」にチェックを入れる必要があります。 

Excelのウィンドウの左上のファイル → オプション → セキュリティセンター → セキュリティセンターの設定 で、「VBA プロジェクト オブジェクト モデルへのアクセスを信頼する」のチェックをオンにして下さい。


 ・ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍します。

  (1)Excelが開いていたら閉じて下さい。

  (2)「SuperXLe_for_InTouch_Install.vbs」 を実行します。

  (3)Excelを起動しますと、SuperXLe for InTouchのタブがリボンに

登録されています。

  ・エラーが発生した場合は、(1)から再度やり直して下さい。

何度でもやり直しが可能です。


リボンにタブが表示されない場合は、 Windows UpdateによるExcelのセキュリティ強化によってインターネット経由等で他のPCから入手したアドインがブロックされている可能性があります。

その場合は、お手数ですが、下記オペレーションによってブロックを解除して下さい。

  ・印刷用のロゴマークは、同名のフォルダに画像ファイルを入れておくと

  インストール時にアップロードされて使用可能になります。

  ・各種テストデータが同梱されていますので、ご活用下さい。


<バージョンアップ>

  ・インストールと同じオペレーションになります。

  ・既にインストールされている場合は、「個人用テーブル」 

  (SuperXLe_Table2.xlsm)の内容(ユーザ様によるカスタマイズ情報)を

        保持するか否かの選択が可能です。


<印刷用ロゴマークのメンテナンス>

  ・ロゴマークを追加する場合は同名フォルダに格納後、「バージョンアップ」

  によって本アドインのロゴマークフォルダにコピーされます。

  ・直接メンテナンスの場合は、「カスタマイズ」機能の「ブック・フォルダ」タブ

  にて、「メンテナンス」ボタンで保存用のフォルダをオープンして下さい。


<アンインストール>

  (1)Excelが開いていたら閉じて下さい。

  (2)「SuperXLe_for_InTouch_UnInstall.vbs」 を実行します。

  (3)Excelを起動しますと、SuperXLe for InTouchのタブがリボンから

            削除されています。

  ・エラーが発生した場合は、(1)から再度やり直して下さい。


<Windows64ビット環境>

      SuperXLe for InTouchのコマンド実行で実行時エラーが表示される場合は、ダウンロードしたフォルダ内の「64ビット版のWindowsでScriptControl」を参照して64ビット環境をインストールして下さい。

同フォルダ中のsetup.exeを実行します。


Windows10の場合は、「詳細情報」をクリックしてから実行します。

Excelの他のアドインと競合せずに独立して動作可能です。