SuperXLe for SCADA V6.04を公開しました(紹介画像 履歴(Excelブック))

★ V6.04 - 2020/07/15

<システム>

  ・「About」-「バージョン」What's New

         「紹介画像 履歴(Excelブック)」表示ボタンを追加しました

<機能追加>

・「編集」-「計算」

         シートの数式を再計算、ブックを自動計算に、ブックを手動計算に を選択実行

<機能改善>

・「SCADA」-「プロパティ」(**)

         Tagリストの対象シート選択のリストボックスに「テンプレート名」、「I/O数」を追加

         「シート並び」、「シート名 昇順」、「テンプレート名 昇順」、「I/O数 降順」での

         ソートが可能になりました

         インポートで「アトリビュートの値(行方向)を貼り付け <空白行有 高速版>」を

         追加しました。高速処理が可能になります

         インポートで「InputSourceからHistorian ON」を追加しました。

         InputSourceに指定キーワードが含まれるアトリビュートについて、

         GalaxyLoad用の「Extensions」を生成します

         エクポートで、「対象シートを1シートずつ処理して別ブックに保存」を追加しました

・「ファイル・シート」-「シート」-「グループ毎の行単位色塗り」(**)

         ブックが「手動計算」の場合に、生成シートを「再計算」して色塗りを完成させます

・「編集」-「Fx」-「式を挿入」(*)

         「文字列連結」の「区切り文字」が見にくい場合(ピリオド等)に右に表示します

・「編集」-「行・属性挿入」(**)

         「対象行コピーにおいて、数式を値貼り付けして高速化する」を追加しました

         高速処理が可能になります

<バグ改修>

・「編集」-「行・属性挿入」(**)

         シートの列表示が「R1C1」形式のとき「プロパティ名称範囲指定」が

         エラーとなるのを改修しました


下記サイトよりダウンロード下さい。

SuperXLe Basic/SuperXLe for SCADA

100超の汎用的な機能を備えた無償のExcelアドインです。作者が20年間Excelのヘビーユーザとして実際の業務で使用して改良を積み重ねてきたアドインの集大成です。どなたでも簡単にインストールでき、ユーザ様によるカスタマイズも可能です。是非ご活用お願い致します。ホワイトカラーの生産性向上=「働き方改革」への寄与を目指して日々邁進しております。 V7.00/V7.00

0コメント

  • 1000 / 1000