SuperXLe V5.1 ご紹介動画

v5.1でサポートされた新機能の操作方法をご紹介致します。

<About>

  ・「About」-「WEB」

操作方法動画(YouTube)、掲示板へのリンクを追加しました。

<機能追加>

  ・「ファイル・シート」-「シート」-「シート抜出コピー」

     複数のシートを別ブックに抜き出してコピーします。

シートのリンクがある場合は、リンク元シートも一緒にコピーします。

  ・「編集」-「罫線」-「罫線の太さ/カラーの変更」

     罫線の太さ/カラーを変更します。

  ・「編集」-「罫線」-「縦中分類罫線」

     大分類、中分類、小分類の罫線を生成します。

  ・「ユーティリティ」-「PDFへの変換」

     ブックの一部、全部をPDFへ変換します。

  ・「ユーティリティ」-「行高・列幅」-「行高に余裕を持たせる」

     各行の高さを調整して余裕を持たせ、印刷時の文字抜けを防止します。

  ・「ユーティリティ」-「行高・列幅」-「列幅に余裕を持たせる」

     各列の幅を調整して余裕を持たせ、印刷時の文字抜けを防止します。

  ・「ユーティリティ」-「リンク」-「外部リンクデータのサーチ」

     ブック内の外部リンクをサーチします。

  ・「ユーティリティ」-「リンク」-「リンク元を自ブックに変更」

     ブック内の外部リンク(同一シート名)を自ブックに変更します。

<機能改善>

  ・「ファイル・シート」-「ファイルオープン」-「最近使用ファイル」

前回更新日時を表示し、ファイルが存在しない場合はその旨を表示

右クリックで当該ファイルのフォルダへジャンプします。

  ・「ファイル・シート」-「ファイルオープン」-「お気に入り」

前回更新日時を表示し、ファイルが存在しない場合はその旨を表示

右クリックで当該ファイルのフォルダへジャンプします。

右クリックで当該ファイルをリストの先頭に移動します。

SuperXLe Basic/SuperXLe for SCADA

50超の汎用的な機能を備えたExcelアドインです。SCADAユーザ(特にWonderware 社InTouch、System Platform)のTag/スクリプト編集を効率アップする機能も搭載しており、SCADAから出力されるTagリスト(CSVファイル)をExcelに取り込んで容易な編集が可能になります。本アドインは無償で簡単にインストールできますので是非ご活用下さい。 V5.9/V5.9

0コメント

  • 1000 / 1000